ロゴ

ミャンマー不動産投資なら ホワイトベイ・キャピタル

 

ミャンマー不動産投資なら ホワイトベイ・キャピタル

ロゴ

ミャンマー最新ニュース

ミャンマーの金融システムが大きく前進!信用機関の発足でさらなる経済活性化へ!

金融

ミャンマーで金融部門の整備・進展が大変著しくなってきました!

7月末、ミャンマー民間最大手カンボーザ(KBZ)銀行と大手ヨマ銀行が、国内で初めて「レポ取引」(資金と債券を一定期間交換する取引)協定を結びました!

※レポ取引とは、株券や債券等の証券と担保としての資金を相手方と交換し、一定期間経過後に元の証券と同銘柄、同数量のもの(または資金)を返還する取引のこと。
または、債券を売戻す(または買戻す)条件付での売買のことをいいます。

ヨマ銀のビジャイ・マヘシュワリ最高財務責任者(CFO)は「レポ取引は資産流動性を高める上で、ミャンマーの金融システムの中で重要な役割を果たす」とコメント。
KBZ銀のウィン・ルウィン・マネジング・ディレクターも「レポ取引は新たな投資手段として、銀行間貸借取引を促進する」と述べています。

また、今月初めには、ミャンマー初となる信用機関が、来月にもミャンマー中央銀行から認可を受ける見通しと伝えられました!

国際金融公社(IFC)のキン・ティダ・モー氏(ミャンマー担当)は、「中銀は来月にも認可手続きを完了する見通し。(信用機関は)中銀による研修を受けた後、規定に従って9~12カ月以内に開業する予定だ」と説明しています。
また、「信用機関が提供した情報に基づいて銀行が事前評価をした上で、融資に関する判断を下すことができるようになる」と説明。

IFCによると、信用機関は融資を希望する企業や人物の信用履歴、負債や納税に関する情報のほか、マイクロファイナンス(小口金融)からの借り入れ状況や賃貸料、光熱費の支払いに関する情報も収集できるようになるといいます。

よりスピーディーで信頼性のある融資スキームが整うことにより、さらなる経済活性化への足がかりとなりそうですね!

▼関連記事

~ミャンマー初!金取引所が年内にも開設の見通し!香港が支援の方針を明らかに!~

~米国カード大手VISAがクレジットカード発行をスタート!独自の決済機能でミャンマー経済を後押し!~

▼ミャンマー株式投資に関するお問合せ

ミャンマー不動産投資の魅力

マーカー

ミャンマー不動産投資の魅力

外国人不動産購入の規制緩和がされ、法改正前の今こそ、キャピタルゲインを前提とした不動産投資の大きなチャンスが訪れています視察をご用意致します!

当社の強み

マーカー

現地不動産視察ツアーページ

当社は物件の選定から入居者の管理サポートまで、すべてトータルにサポート致します! 入口から出口までお客様の投資をしっかりお手伝いいたしますので、はじめての海外不動産投資も安心です!

おすすめ物件

スターシティメゾネット

●タンリーン・タウンシップに位置

●1,350エーカーの巨大プロジェクト

●24時間警備、家事サービス

●日本食レストランもオープン予定

スター・シティ(B3・B4)
 

スター・シティ(B3・B4)

●ティワラ経済特区 近隣

●1,350エーカーの巨大プロジェクト

●24時間警備、家事サービス

●2016年1月 完成予定

スター・シティ(B3・B4)
 

68レジデンス・コンドミニアム

●ジャンクションスクエア近く

●メインストリート沿いの好立地

●ダウンタウンまで車で約15分

●飲食店の充実したエリア

68レジデンス・コンドミニアム
 

海外不動産投資をお考えの方へ

ミャンマーニュース
ミャンマーニュース
 
セミナー情報
セミナー情報
 
不動産視察ツアー
不動産視察ツアー
 
当社の強み
当社の強み
 
メルマガ登録
メルマガ登録
 

ホワイトベイ・キャピタル・マレーシア

ジョホールバル不動産専門のホワイトベイ・キャピタル・マレーシア
ジョホールバルでの不動産投資・リタイアメント&教育移住のことならお任せ下さい!

ホワイトベイ・キャピタル・マレーシア
 

ホワイトベイ・マネーチェンジャー

ミャンマー・ヤンゴンでの外貨両替はホワイトベイ・マネーチェンジャー
日本円をはじめとする13通貨に対応!日本語対応も可能です!

ホワイトベイ・マネーチェンジャー
 

ホワイトベイ・オフィスレンタル

ヤンゴンでレンタルオフィスをお探しならホワイトベイ・オフィスレンタル
日本語サポートも万全!あなたのミャンマー進出を全面サポート致します!

ホワイトベイ・オフィスレンタル
 

PAGE TOP