ロゴ

ミャンマー不動産投資なら ホワイトベイ・キャピタル

 

ミャンマー不動産投資なら ホワイトベイ・キャピタル

ロゴ

ミャンマー市場情報

ミャンマーがいよいよ後発途上国脱却か!急速な経済発展と日本人滞在者の増加!

ミャンマーがいよいよ後発途上国脱却か!急速な経済発展と日本人滞在者の増加!

2018年に後発開発途上国(LDC)リストから脱却できるとの見通しを発表しました!

国連アジア太平洋経済社会委員会(UNESCAP)が、ミャンマーが個人所得と名目国民総所得(GNI)の高い伸びを維持できれば、2018年に後発開発途上国(LDC)リストから脱却できるとの見通しを発表しました!

ミャンマーは現在、バングラデシュやカンボジアとともに、LDCリストに入っていますが、名目国民総所得(GNI)、人的資産指数(HAI)、経済的脆弱性指数(EVI)の3つの指数のうち、少なくとも2つが改善すれば、LDCから脱却できると言われているのです。

2015年のミャンマーの人的資産指数(HAI)は68.8%で、最低値である32%を大きく上回っています。

そこで、ミャンマーがLDCリストから脱却するためには、平均年間個人所得を1,242米ドル(約15万5,000円)以上に引き上げ、経済的脆弱性指数(EVI)も改善する必要があるようです。

民主化からたった数年でこれだけの成長を遂げている状況は、他の東南アジア諸国と比べてもその勢いは軍を抜いている状況です!

ミャンマーの在留邦人の数は既に1000人近くに上り!国別ランキングではトップ30入り!

大変興味深いデータとして長期滞在をする在留邦人の推移を見る外務省のデータを見てみると、ミャンマーの在留邦人の数は既に1000人近くに上り、なんと国別ランキングではトップ30入りを果たしています。
1年間で42%アップという数字は驚くべきものではないでしょうか。

経済の発展やインフラ整備の状況を如実に表しているだけでなく、日系企業の進出の多さも示すもので、これはまた、ミャンマーの今後の展望を計る上で大変大きな特徴と言えます。

今年はまた、秋の総選挙により、大きなターニングポイントを迎える可能性のあるミャンマー。
コンドミニアム法の改正など、その動きからも目が離せなくなりそうです!

この時代の移り行く直前の今こそ、ご投資の最大のチャンスです!
ぜひお早めにご検討下さい!

ミャンマー不動産投資の魅力

マーカー

ミャンマー不動産投資の魅力

外国人不動産購入の規制緩和がされ、法改正前の今こそ、キャピタルゲインを前提とした不動産投資の大きなチャンスが訪れています視察をご用意致します!

当社の強み

マーカー

現地不動産視察ツアーページ

当社は物件の選定から入居者の管理サポートまで、すべてトータルにサポート致します! 入口から出口までお客様の投資をしっかりお手伝いいたしますので、はじめての海外不動産投資も安心です!

おすすめ物件

スターシティメゾネット

●タンリーン・タウンシップに位置

●1,350エーカーの巨大プロジェクト

●24時間警備、家事サービス

●日本食レストランもオープン予定

スター・シティ(B3・B4)
 

スター・シティ(B3・B4)

●ティワラ経済特区 近隣

●1,350エーカーの巨大プロジェクト

●24時間警備、家事サービス

●2016年1月 完成予定

スター・シティ(B3・B4)
 

68レジデンス・コンドミニアム

●ジャンクションスクエア近く

●メインストリート沿いの好立地

●ダウンタウンまで車で約15分

●飲食店の充実したエリア

68レジデンス・コンドミニアム
 

海外不動産投資をお考えの方へ

ミャンマーニュース
ミャンマーニュース
 
セミナー情報
セミナー情報
 
不動産視察ツアー
不動産視察ツアー
 
当社の強み
当社の強み
 
メルマガ登録
メルマガ登録
 

ホワイトベイ・キャピタル・マレーシア

ジョホールバル不動産専門のホワイトベイ・キャピタル・マレーシア
ジョホールバルでの不動産投資・リタイアメント&教育移住のことならお任せ下さい!

ホワイトベイ・キャピタル・マレーシア
 

ホワイトベイ・マネーチェンジャー

ミャンマー・ヤンゴンでの外貨両替はホワイトベイ・マネーチェンジャー
日本円をはじめとする13通貨に対応!日本語対応も可能です!

ホワイトベイ・マネーチェンジャー
 

ホワイトベイ・オフィスレンタル

ヤンゴンでレンタルオフィスをお探しならホワイトベイ・オフィスレンタル
日本語サポートも万全!あなたのミャンマー進出を全面サポート致します!

ホワイトベイ・オフィスレンタル
 

PAGE TOP